So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Compact Carry Competition 『C3』 4th [シュ-ティング]

androidapp/241158180425155026128041949.png


今回は参加は諦めかなと8割がた思っていたけど

直前になっていくことに決めたC3

このマッチも企画段階はともかく

最初から参加しているからね

しかも今回は使う銃もultraCDP2でもミニマギーでもなく

V10スライドをメインにして

ハイキャパコンパクト

なぜかこれを使いたくなってしまったんだ


stage4




2スクワッドに分けて

自分のスクワッドはstage4からのスタート

スタートのstageで失敗してるのがわかる

45のハイキャップのコンパクトは10+1の11発

ターゲットの数を数え間違えて

必要弾数を勘違いしていて

一瞬マグチェンジが遅れている…

普段通りのシングルスタックなら2回リロード

初めからそう考えるからこんなことないのになあ…


stage1




手前は場所的にヒップシュート

奥もそのままワンハンド

まずまずでこなしていい感じ

とりあえずは失点無し


stage2




毎度おなじみプレート

5ラウンズと違って撃ち直しOKだけど

ここで外してるのは…

ダメだよね…


stage3





ドアを開けて2枚

さらにドアをもう1枚倒してターゲット1枚とストッププレート

映画のワンシーンのようなstage

この2枚目のドアを倒すのに手間取ってる人が結構いた

しなりやすい素材でたわみやすいから

工夫が必要なんだよね


stage7




箱の中に隠れて

そこから出てって

なんか何時だったかのN-IDPAナショナルでも…

そんなことはともかく

リカバリーを1発やってるけど

これが必要の無いシュートだった…

こういう細かいところがダメだなあ…


stage5




今回一番の失敗したstage

お立ち台に立てなかったのはここが全てだと思う

左手にダミーガンを持ってのワンハンドオンリー

問題はそこではなく

外しすぎたこと…

しかもリロード後に

次に撃つべきターゲットを迷ってしまったこと…

10+1発ならばリロードはいらないはず

いくらワンハンドリロードがうまくいったといっても

悔しすぎるstage…

タラレバに意味は無いけど

ここさえなければ…

悔やまれるね


stage6




今回一番のびっくりstage

コースを作っている時は

いつものサンダードームだな

そう思っていたら…

いつものようなグルっと囲まれたものでなく

中心にターゲットが5枚

それを自分自身が回って撃つ

しかもストップはターゲットを吊るしているペットボトル…

これにはホントにビックリ

マッチメイカーとしての名人の面目躍如

しかも、微妙に3回動かないとすべて撃てない

いやあ

これは凄いなあ

そんなこんなの全7stage

結果は13人中6位

2位から7位までがコンマ8秒の接戦

悔しいなあ

勝って当たり前の銃を使っているのに…

多弾数が大きく利益になるマッチではないけど

それでも15+1発のG19が有利なのは確か

そこに近づけるべく

10+1発のハイキャパコンパクトで臨んだ

しかも見た目がコンパクトってだけで

中身は完全なレースガン

そういう銃なのにね

今回も使う人間の問題で上位を逃した

これまでの4回の中でのC3での最高位は4位

それにも及ばず

次のC3こそ

最低でも表彰台

そこを実現しないとな



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。