So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
シュ-ティング ブログトップ
前の10件 | 次の10件

鮫島のホルスタ [シュ-ティング]




映画版の時はシンプルなサムブレイクのヒップだった記憶が

当時エディースで販売してた記憶があるけど

あれはSPEEDだったような…

ネットで調べてみてもすぐに出てくるのはTV版のショルダーばかり

でも原作のイメージはヒップホルスタ

欲しいのはそっちなんだよね

コレが使えるようになれば

5ラウンズで新宿鮫ゴッコも…

ありだよね


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コマンダー [シュ-ティング]




普通のコンバット・コマンダー

なんか良いよね

サイズ感は一緒だけど

ウィルソンのプロフェッショナルとも違う





グリップはKEINさんのフェイク・スタッグホーン

20才位の頃からある1丁
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

PDP2 [シュ-ティング]




初めて見たダットサイトはエイムポイントだったと思う

モデルガンチャレンジャーのナイゴートの記事

リブサイトの載ったロングスライドのガバメントカスタムに

カッコいいグリップから延びるようなマウントに載ったマーク3

初めて買ったダットサイトはMGCのエースポイント

エイムのマーク3がモデルになったトイガン用

今でもかっこいいと思うのはエイムの2000

それなのに

実際自分がこれまでのマッチで一番使ってきたのは

タスコのプロポイントシリーズ

今ではメインのレースリボに載せているのはPDP4

でも

好きなのはPDP2

今の基準からすると

径の小さいチューブダットだけど

リボでもオートでも

このぐらいの大きさが載せたときに一番かっこいいと思う

今ではエイムのマーク3も2000も持っているし

手持ちの中ではPDP4が一番使い勝手がいいのは分っているけど

もう一度PDP2を使いたいという衝動に駆られる

この画像のエクストララージじゃなくて

あのフラッシュのPDP2のシルバーを

コクサイの当時の広告のせいか

スピコンにはシャノンのような大口径のチューブのイメージの様だけど

ツチノコやクロノコにはPDP2が載っていたはずだから

それにフラッシュのPDP2には思い入れもあるからね




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

第12回ファイブ・ラウンズ ~Five Rounds 2018 ~ [シュ-ティング]




もう12回目なんだとしみじみ思う

今は無きPCMでの雑談から生まれた企画だったのが

今では一大イベント

そんな今年の参加者は17名

自身の結果は昨日の記事の通り

決して満足のいくシュートではなかったけど

いつものように笑いの絶えないマッチ

失敗も笑いに

それこそ5ラウンズの醍醐味なんだよね


stage1




前回から導入された縦に動くムーヴァー

この追いかけてくる敵に対して下がりながら3発

勿論リカバーも可能

タイムは関係なく

3発の着弾でのカウントのみ

これは下がりながら撃ってもいいし

一気に下がって撃っても良し


stage2




目の前の2人の敵を倒せ

ある意味小型リボルバの想定される使い方だよね

2枚のペーパーに2発づつ

最後は足元のストッププレートを踏む

このstage

ドロウが一瞬止まってるんだ

こういうところが最近撃っていない影響だね…


stage3




今回のキーポイントの「斧」!

この斧を使ってドアエントリー!

そしてターゲットの前に立つ棒を倒さずに各ターゲットに1発づつ

5枚のターゲットしかないのに

リカバーしようとしてる…

いつもの6発の癖だね…

ちょっと間抜け…


stage4




5ラウンズではベーシックコースのローリングサンダー

ベーシックコースも今回は少しリファイン

真ん中にノーシュートターゲット

そして叩いていたストップターゲットがなくなった!

止め忘れは無くなったけど

何か物足りない感じも…


stage5





stage1の逆バージョン

逃げて行くターゲットに4発

ただしシューターはボックス内に止まったまま

今回は動いている時に4発撃っているけど

ターゲットが下がりきって止まった状態になってから4発も可能

これもタイムは関係なく4発のスコアのみ


stage6




引き出しに入れた状態でスタンバイ

合図と同時にそこからだして2枚のターゲットに2発づつ

そして足元のストップを踏む

この足元のストップ

これが鬼門だった

他のstageでもあったんだけど

最終弾を撃つ前に踏んでしまう…

そうすると踏んだ後の着弾は無効だからノーシュートでペナ3秒…

危うく自分もやってしまうところだった

良く止まれたなあ…


stage7




今回一番のサプライズstage

stage3で使った斧またはサーベル(?)を使って

手前の5人を倒して

最後にバリケードの向こうのストッププレートに1発

1発のみしか撃たない…

あまりにも斬新すぎるstage…

サーベルは2本用意してあって

斧でもいいし

サーベルを2本使ってもよいと

また足でけり倒すのも可能

ともかく5人を「倒す」事が必須

みんなストレスが溜まってるんだなあ…

そう感じたstageだった


stage8




おやどこかで見たことがあるようなstage…

それはともかくこのstageは撃ち順は自由

どの順番で撃っても良し

ここでついにBゾーンに1発…

金メダルのためにはノーペナ

経験上そう思っていただけに自分ではやっちゃった感が…


stage9




これも5ラウンズベーシックコースのサンダードーム

グルっとネットで囲われた中にターゲットが5枚

ここでも主催者のめー人の新兵器が活躍

今回からストップターゲットが決まっていない

撃ち順の選択肢が広がったベーシックコース


stage10




これもある意味5ラウンズではお馴染み

ローレディから合図と同時にラクタンに1発

これを5回繰り返して一番悪いタイムを除いた4回の合計タイム

実は一番危なかったstage

最初に撃った時に1発目で外してるんだ

でもその時コールに使ったタイマーがこのターゲットの物でなく

隣のstageのタイマーだったためリシュート…

勿論4回の合計だからミスショットのペナ3秒を消せた可能性はあるけど

それが残っていたらと思うと…

金メダルどころかお立ち台から落ちてたなあ…

そんなこんなの今年の5ラウンズ

今回は珍しくフォーリングプレートがなかったけど

今までにないアイディアがいっぱい飛び出てくるところはさすが名人企画

1年1度の5連発のお祭り

今ではタナカのJフレームばかりになってしまったけど

マルシンのJフレームやポリスリボルバもOK

そしてなんといってもカナマルのブルドックシリーズも使用可能

ブルドックでやってみたい気もするけど

自分で持っていたのは手放してしまったからなあ…

そんな事はともかく

今から来年の開催が楽しみになるほど楽しい1日だった


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

3個目の金メダル [シュ-ティング]




参加できるのかぎりぎりまで怪しかったし

今年はC3以降全く撃ってなかったから…

アンリミもN-IDPAナショナルも諦めてここまで来たから

どうしても5ラウンズだけは最低でも表彰台

なんとしてもメダルだけは持って帰ってきたい

その思いが強かった





そして当日

いつものように楽しいマッチだけど

攻め切れてないことを常に感じて…

それだけに結果発表の時

一番初めに名前を呼ばれた時は

心の底から嬉しかった

12回の5ラウンズのレギュラーマッチの中で5個目

金メダルとしては3個目

持って帰ってこれた

初めて勝てた時よりも

10回記念大会で勝てた時よりも

今回が一番うれしい

このKEINさんとのホルスタの組み合わせも

5ラウンズでは定番になってきたな

今日の動画は現在アップロード中

詳しくはまた今度




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

明日は5連発のお祭り [シュ-ティング]




いよいよ明日

今年の5ラウンズのレギュラーマッチ

C3以降、全く撃ってないけど

それでもこのマッチは特別

全stageを楽しく気持ち良く撃てれば

それが全て

その結果

5個目のメダルを持って帰れれば…

最高だけどね


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

リアルカウントの銀色のリボルバ [シュ-ティング]




とりあえず3インチが使えれば

そうやってきたけど

たまには出発点のM66の2.5インチとか

遂に使おうと心に決めてスピコンのメカに換装したスマイソンの6インチとか

ブロッカースのPPCホルスタとか

アップサイドダウンのショルダーホルスタとか

折角持ってるんだからね

使わないとね





何故か世の中はリボルバが流行ってるらしい

タナカのペガサスの良さはよく知ってる

マルイのリボなら耐久性以外はソコソコ行ける

でもね

24発とか13発とか撃てちゃうのに魅力は感じないんだよ

まして黒いのじゃダメなんだよね

銀色に輝くやつじゃないと

80年代育ちの人間には物足りない

そして5発とか6発しかない弾数を

如何にうまく使って

如何にうまくリロードして

使いこなしていくか

そこが一番楽しいんだよね

20発とか30発とか必要なstageであってもね

シリンダーが回っていればい良いだけじゃないんだよ

少なくとも自分にとっては



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

トリガーガード [シュ-ティング]

androidapp/278075180527222000-983332438.png


SV/STIのトリガーガードの形って

イマヒトツ好きじゃなくて

フルサイズならともかく

コンパクトモデルには大げさというか大きすぎて

全体のバランスがなあと…


androidapp/278078180527221943526339894.png


だからV10スライドの方はラウンドに加工
(詳しくはここ→http://shooterslife.blog.so-net.ne.jp/2016-01-20

この時はV10スライドの方だけだったんだけど

やはりSVコンパクトもと

実際に加工したのは結構前

先生に何かいい形が無いかなと相談したところ

「昔はボランドのトリガーガードっぽい感じに加工したりしてたよ」と

なるほど

その手があったかと思い加工したのが一番上の画像


androidapp/278074180527222007-1128590323.png


昔のレポートとか見ながらやればいいのに

自分の記憶の中のイメージだけを頼りに削ってみた

しかも仕上げないまま…

それでも全体のイメージはかなり変わっているから

まあまあ満足かな

いつ仕上げるのかって問題もあるけど…

でもね

ホントはボランドのトリガーガードの形

あまり好きじゃないんだけどね…



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

似て非なる [シュ-ティング]




ハイキャパコンパクトには

このKEINさんのベルトスライドを

そう考えていたけど

何度かドロウしてみると

何か抜き辛い

アングルが自分に合ってないのかな?

そう思っていて

前回のC3で使わなかった





ふと試しにシングルスタックの1911でドロウ

そっちは普通に抜ける…

そして今さらながら気付いた

ダストカバーとかトリガーガード辺りのサイズと形だ…

トリガーガードを丸めてあれば使えるだろう

ちょっと考えが甘かった

鉄板入りのホルスタは

融通効かないとこあるんだよね

使い勝手が良い反面…

さて

何か方法を考えよう






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

Not suitable for [シュ-ティング]




アンビセフティ

あまりに当然すぎて

これを着けてしまうけど

concealed carryを考えると

無い方がいい気がしてきた

特にこの様にベルトクリップだったり

IWBだったりの時

便利のはずのサムセフティの右側

これが上着だったり

肩に掛けた鞄だったり

等々に押されて解除される

何度か経験した

トイガンのスプリングのテンションの弱さ

そういう理由もあるかも知れないけど

暴発という危険を極力回避するために

carry gunだからこそ

アンビにしない

そういう選択もあるかなと…

このウィルソンのプロフェッショナルも

元のセフティに戻そうかな


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | 次の10件 シュ-ティング ブログトップ